組合員の皆さまへ

農林水産省による新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農業者への支援について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた農業者に対し、農林水産省による支援策が発表されましたのでお知らせいたします。

高収益作物次期作支援交付金
外食需要の減少により市場価格が低落する等の影響を受けた野菜・花き・果樹・茶などの高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援し、国内外の新たな需要促進につなげます。
(出展:農林水産省Webサイト https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html
※札幌市農業再生協議会が主体となり申請いたします。
経営継続補助金
新型コロナウイルス感染症の影響を克服するために、感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を総合的に支援することによって、地域を支える農林漁業者の経営の継続を図ります。
(出展:農林水産省Webサイト https://www.maff.go.jp/j/keiei/keizoku.html
※当組合による伴走支援が必要です。
持続化給付金(農林漁業者・食品関連事業の皆さまも対象です)
今般の新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の農林水産業・食品産業に影響が広がっています。
政府は、感染拡大により、大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えするために、「持続化給付金制度」を創設しました。持続化給付金は、業種横断的に、個人・法人を問わず、農林漁業者も広く対象となる制度です(大企業は対象外です)。

相談ダイヤル
 持続化給付金事業コールセンター:
0120-115-570

(出展:農林水産省Webサイト https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/benefit.html
※持続化給付金の所管は経済産業省です。

上記の制度利用に関するご相談は、お近くのJAさっぽろ経済センターへお問合せください。

南経済センター(011)591-4141
西経済センター(011)682-7161
東経済センター(011)883-2570
北札幌経済センター(011)781-7393
北経済センター(011)771-2113
本店経済部 営農販売課(011)621-1346